2018-07-22

専任技術者の10年実務経験

あおぞら行政書士事務所の小坂です。

建設業許可を取得する際の高いハードルとなるのは
経営業務の管理責任者と専任技術者です。

専任技術者の要件

前者は法人でしたら社長や社長以外の役員、
個人事業でしたら事業主です。

社長や役員、事業主ならば
経営業務の管理責任者になれるというわけではありません。
経営者としての経験が5年間もしくは6年間必要になります。

専任技術者は社長や役員、事業主はもちろん
従業員の方でもなれますが、
取得する許可業種の資格や10年間の実務経験が必要です。

5、6年間の経験を書類で証明するのは大して難しくないですが、
専任技術者としての国家資格が無くて
10年間の実務経験で申請をする場合は、
その10年間の実務経験を書類で証明しなければならないので大変です。

契約書や注文書、請求書の法定保管期間は7年なので
保管していないケースが普通だからです。

国家資格を取得すれば10年間の経験要件は不要なので
グッと許可が取りやすくなります。


関連記事
今すぐ電話でご相談を!