経営事項審査


静岡県の経営事項審査もお任せください。

これから経営審査を受けようとする方に、経営審査の基本的な流れについてご紹介します。ご不明な点がございましたら、お気軽にあおぞら行政書士事務所までお問い合わせください。

決算変更届を作成する

決算変更届は、年に1回建設業許可を持っている建設業者が、その許可申請をしている都道府県庁に届出を行うものです。決算日から4ヶ月以内に届け出ます。これを過ぎると静岡県から『建設業法第41条第1項の規定に基づく指導について』という指導書が送られてきますので注意してください。

この決算変更届は経営審査にとって重要かつ必要な書類です。この決算変更届での工事経歴や決算書に書かれていることを、経営審査時に確認します。審査に使用される数値もここから算出されるのでしっかり作成し、必ず提出しましょう。

建設業用の財務諸表を作成する

建設業用の財務諸表を作成する

ここで言う「財務諸表」は、税務申告の際に作成するものとは異なり決算変更届として作成するものです。この建設業用の財務諸表を作成するには、通常のものとは異なる勘定科目の知識・理解が必要ですので、注意が必要です。作成した財務諸表は、決算変更届として必要書類とともに経営状況分析機関に提出し、結果通知書を待ちます。

その他に必要な書類を揃える

その他に必要な書類を揃える

経営審査の必要書類には、業績を確認するための書類や社会性を確認するための書類等があります。工事の受注の確認は契約書で行われます。契約書を交わしていない工事の場合、請求書などで工事内容が判断されることもありますが、判断できる資料が揃っていなければその工事は実績として認められないでしょう。

また、契約書がある場合も、必要事項の記載がなければ認められないこともあります。その他にも経営に関わる書類が必要ですので、日頃からしっかり書類の整理を行っておく必要があります。

審査を受ける

書類を揃え終えたら審査を受けますが、審査可能日は各決算期によって違うので確認が必要です。静岡の経営審査日はこちらで確認できます。

結果通知書を受け取る

経営審査結果は、経営を行う際に資料として使用することもあるので、結果通知書を受け取ったらしっかり保管しましょう。

富士市などで経営審査をサポートする行政書士をお探しなら

建設業の経営サポートを行う行政書士を静岡でお探しなら、あおぞら行政書士事務所にお任せください。経営審査のサポートをはじめ、各種手続き・書類申請などを専門家が承ります。浜松市・磐田市・富士市・沼津市・熱海市など静岡県内どこでも無料で出張いたします。ご相談は夜間や土日祝日も対応可能で、相談費用は無料ですので、お仕事が終わった後もゆっくり相談いただけます。静岡で建設業を営む方のお役に立てるよう尽力いたしますので、ぜひご利用ください。


今すぐ電話でご相談を!